土用の丑の日に向けてセコマ(本社・札幌市中央区)が今年も「さんま蒲焼重」の予約受け付けを22日より開始した。セコマが2012年の土用の丑の日から始めた「さんま蒲焼重」、昨年は約30万食を販売するなどこの時期のヒット商品になっている。(画像は、セコマが販売する「さんの蒲焼重」)

 セコマが「さんま蒲焼重」を始めたのは、国産うなぎの高値で「うなぎ蒲焼重」の価格が高止まりしていたため、サンマの市場拡大を狙って投入したもの。根室花咲港で水揚げされたさんまを、グループ会社の北嶺(根室市花咲港)が調達して加工。タレやスープ、味付け肉を製造している北源(小樽市銭函3丁目)が、さんまに合う焼きたれや食べる直前にかける「かけだれ」を開発して、12年の土用の丑の日からセイコーマート店舗の「HOT CHEF」で販売を始めた。

 毎年販売数が増え、昨年は約30万食と当初の販売数の3倍に拡大。セコマの提案による「土用の丑の日にさんま蒲焼重」が着実に北海道の食文化として広がっている。

 今年の予約受け付けは、「一の丑」(7月21日)に向けてが、6月22日から7月13日(月)まで。受取日は7月20日(月)と21日。「二の丑」(8月2日)に向けてが、6月22日から7月24日(金)まで。受取日は7月31日(金)、8月1日(土)、2日(日)。

 受付店舗は、一部を除く店内調理品HOT CHEF取扱店舗(北海道798店舗、関東76店舗)。予約特典としてコカ・コーラ「からだすこやか茶W350ml」1本をプレゼント。店頭販売は、7月7日(火)からで、こちらはなくなり次第終了となる。
 価格は北海道480円(8%税込み518・40円)、茨城県・埼玉県は510円(同550・80円)。予約は店頭や電話(フリーダイヤル0120ー51ー5489)、セイコーマートのホームページからネット予約もできる。


12人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。