セコマ(本社・札幌市中央区)が、店内調理品HOT CHEF取り扱い店舗で、7月28日の土用の丑の日に向けて「さんま蒲焼重」の予約受付を開始した。店頭予約の他ほか、「セイコーマート」のネット予約、電話予約も始めている。7月20日(火)からは店頭販売も行う。(写真は、セコマの「さんま蒲焼重」)

「さんま蒲焼重」は、土用の丑の日の「うなぎ蒲焼重」に替わるものとしてセコマが2012年から販売を開始したこの時期ならではの商品。20年の販売数量は、約33万食になり、販売を開始した12年と比較すると3倍に増加している。

 使っているさんまは、北海道根室花咲港(根室市)で水揚げされたもので、グループ会社の北嶺(同)が加工、たれは北源(小樽市)が製造。焼き上げる時に絡める濃厚な仕込みたれは、さんまに合うようにブレンドされ、食べる直前にかけるかけだれは醤油をベースにすっきりした甘さに仕上げている。山椒は、和歌山県のぶどう山椒を小袋として付けており、山椒の爽やかな香りがさんまの蒲焼にマッチしている。

 商品名は、HOT CHEF「さんま蒲焼重」、本体価格は北海道550円(8%税込み594円)、茨城県・埼玉県580円(同624・40円)、予約価格は北海道530円(同572・40円)、茨城県・埼玉県560円(同604・80円)。取扱店舗は、店内調理品HOT CHFE取扱店舗の北海道799店、関東77店舗。予約受付は6月24日から7月14日(水)、店頭販売は7月20日から。ネット予約は北海道が、https://online.seicomart.co.jp/hk/
茨城県・埼玉県は、https://online.seicomart.co.jp/kt/



22人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。