アークス(本社・札幌市中央区)は、2021年2月期の店舗新設やリニューアルに28億8700万円を投じる。前期の投資額56億4600万円から半減した。(写真は、6月にリニューアルが予定されている「ビッグハウスイースト店」)

 店舗新設では、ラルズ(同・同)が札幌市東区に「スーパーアークス東苗穂店」を計画。投資額は2億4100万円で空き物件を改装して出店するものとみられる。オープン予定は20年11月。その他、伊藤チェーン(本部・宮城県柴田郡柴田町)が「閖上(ゆりあげ)店」(同県名取市)の新設に13億8700万円を投じる。既に19年4月から建設に着手、今年6月オープンを目指す。

 店舗リニューアルでは、5月にラルズが「ビッグハウス花川店」(石狩市)を予定、投資額は2億2000万円。6月は同じくラルズが「ビッグハウスイースト店」(札幌市厚別区)を2億円かけて実施。同月にはユニバース(本社・青森県八戸市)も「八戸ニュータウン店」(八戸市)に3億2800円を投じる。

 7月はラルズが、「ビッグハウス千歳店」(千歳市)に3億8000万円、ベルジョイス(本社・岩手県盛岡市)が「ビッグハウス矢巾(やはば)店」(岩手県紫波(しわ)郡矢巾町)に1億3100万円を投じる。
※2020年5月30日記事一部削除しました。



26人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。