トライアルカンパニー(本社・福岡市博多区)は27日午前8時30分、「スーパーセンタートライアル帯広東店」(帯広市東5条南3丁目12ー1)をオープンさせた。北海道25店舗目で、帯広を含む十勝地域では初出店となる。
(写真は、27日にオープンした「スーパーセンタートライアル帯広東店」)

 出店場所は、旧「いちまるフードプライス店」跡。1階が食品や酒の売り場で2階がカー用品・家電、日用品、衣料、レジャー・DIY、ドラッグ、ペット用品などの売り場。27日から31日(日)までオープンセール価格で提供している。
 食品売り場ではリーチイン冷ケースを複数揃えて冷凍食品を充実させたほか、『豚丼のたれ』など地元食材も豊富に揃えた。レジはセミセルフ13台。営業時間は食品売り場が24時間、カー用品・家電などは午前9時から午後10時。ドラッグは午前9時から午後9時。

 オープンしたこの日は、新型コロナウイルス感染拡大防止の緊急時事態宣言が解除されて2日後になったが、店頭では来店客にアルコール除菌の協力を要請、レジ待ち客の距離を確保するための床にマークを設置したほか、レジは透明シートで従業員の飛沫感染防止の対策も行った。また、B3のオープンチラシには最安値などの表現を抑え、通常のトライアルチラシとは違う静かなトーンのものになった。

 店舗は国道38号線沿いに位置するが、194台収容の駐車場入り口は仲通り側1ヵ所のためオープン前から混雑が続き、路上には入場待ちの車が並んだ。
 トライアルカンパニーは道内の主要地域で複数店舗の展開を行っている。今回の「帯広東店」のネーミングからも帯広・十勝地域でも多店舗化を狙う同社の考えが窺える。


43人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。