道北と道東で小型食品スーパー「DZマート」を17店舗展開しているダイゼン(本社・上川郡鷹栖町)は、紋別市と上川郡美瑛町に新店舗を出店する。地方で積み上げた販売ノウハウを活用、低成長マーケットでシェア拡大を進める。(写真は、4月24日に行われた「DZマート美瑛店」の地鎮祭=ダイゼン提供)

 紋別市の店舗は、「DZマート紋別緑町店」(緑町4丁目27ー4)で旧「ツルハドラッグ紋別緑町店」跡への居抜き出店。現在、改装工事を進めておりオープンは7月上旬。売り場面積は約177坪(585・6㎡)、駐車場収容台数は31台、初年度に2億5000万円の売り上げを計画している。「DZマート紋別店」(落石町3丁目38ー10)に次ぐ市内2店舗目。

 ツルハの旧店舗は、旧広域紋別病院の門前店舗だったが、同病院の移転に伴いツルハは旧病院跡地に19年5月に新設移転、旧店舗は空き店舗だった。「DZマート」は、ツルハ店舗の真正面に出店、同じく病院跡地に出店した「セイコーマート紋別緑町5丁目店」とも競合することになる。

 美瑛町の店舗は、「DZマート美瑛店」(北町2丁目567)で、国道237号線沿いの「スーパーチェーンふじ美瑛店」、「セブンーイレブン上川美瑛店」に隣接して出店する。敷地面積約855坪(2923・28㎡)の土地を賃借して延べ床面積約291坪(961・7㎡)の建物を建設、9月中旬にオープンさせる。売り場面積は約261坪(863・9㎡)、駐車場40台、初年度3億円の売り上げを計画する。
 
 ダイゼンは現在、旭川エリア9店舗、道北エリア(名寄市、苫前郡羽幌町、枝幸郡枝幸町、富良野市各1店舗)4店舗、道東エリア(斜里郡斜里町、紋別市、紋別郡遠軽町、網走郡美幌町各1店舗)4店舗の計17店舗を展開。19年9月期は、売上高54億5000万円、経常利益1億5000万円だった。20年9月期は、新規2店舗が加わることで、売上高60億円、経常利益1億8000万円を見込む。


20人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。