ツルハホールディングス(HD、本社・札幌市東区)の子会社ツルハ(同・同)は、砂川市と「災害時における応急生活物資の供給に関する協定」を締結した。(写真は、札幌市東区のツルハHDとツルハの本社ビル)

 ツルハグループは、「お客さまの生活に豊かさと余裕を提供する」という理念に基づき、平時はもとより災害時においても物資供給を通じて地域住民の生活を支えるべく各自治体と災害時支援に関する協定を締結している。2011年3月の東日本大震災や18年9月の北海道胆振東部地震などでは、被災店舗の早期営業再開を進める一方、締結していた災害時支援協定に基づいて各自治体に物資の供給支援を行った。

 今回、砂川市と「災害時における応急生活物資の供給に関する協定」を締結、災害発生時において市内にある3店舗を拠点に、地域住民の支援を円滑に進める。

 ツルハが2012年以降で災害時協定を結んだ自治体は次の通り。
■2012年1月30日 苫小牧市
■2012年6月28日 登別市
■2014年11月12日 函館市
■2015年1月15日 白老郡白老町
■2015年3月26日 北空知地区1市4町(深川市、雨竜郡沼田町、雨竜郡妹背牛町、雨竜郡秩父別町、雨竜郡北竜町)
■2016年2月12日 旭川市
■2016年2月12日 浦河郡浦河町
■2017年3月17日 目梨郡羅臼町
■2017年6月30日 芦別市
■2017年9月1日 室蘭市
■2018年7月30日 紋別郡湧別町
■2019年10月18日 富良野市
■2019年12月17日 岩見沢市
■2020年1月27日 砂川市


2人の方が「この記事が参考になった」と言っています。