サツドラホールディングス(HD、本社・札幌市北区)は、2020年5月期にドラッグストア「サツドラ」や「北海道くらし百貨店」などを合計20店舗出店する計画だ。(写真は、2019年1月31日にオープンした「サツドラ大谷地東店」)

 19年5月期は、合計出店数が21店舗の計画だったが、インバウンドフォーマットの「サツドラ」出店を5店舗から8店舗に増やしたため合計出店数は25店舗になった。期末の店舗数は次の通り。

■道内店舗数 193店舗(うちインバウンドフォーマット21店舗)、18年5月期比7店舗増(うちインバウンドフォーマット4店舗増)
■道外店舗数 11店舗(同8店舗)、18年5月期比6店舗増(同3店舗増)
■海外店舗数 5店舗、18年5月期比2店舗増
■調剤薬局数 10店舗、18年5月期比1店舗増
■北海道くらし百貨店 4店舗、18年5月期比2店舗増
■合計店舗数 223店舗(うちインバウンドフォーマット店舗数29店舗)、18年5月期比18店舗増(うちインバウンドフォーマット7店舗増)

 20年5月期の出店計画の内訳は、国内向けフォーマットの「サツドラ」が8店舗、インバウンドフォーマットの「サツドラ」が8店舗、「北海道くらし百貨店」1店舗、台湾3店舗。

 20年5月期の売上高は920億円(19年5月期比8・7%増)、営業利益3億5000万円(同18・7%減)、純利益1億円(同240%増)を予想している。


11人の方が「この記事が参考になった」と言っています。