滝川市黄金町西2ー1にある「ブックマーケット滝川黄金町店」が8月25日(日)で営業を終了する。地域の玩具屋のような雑然とした店内は、ある種の懐かしさを漂わせているが、消費多様化の影響を受けるなどして閉店する。(写真は、国道12号線沿いにある「ブックマーケット滝川黄金町店」)

「ブックマーケット」は、2005年にエーツー(本社・静岡市駿河区)がフォーユー(同・高松市)から営業譲渡を受けた大型古本チェーン。現在は、本やゲーム、CD・DVDを扱う複合メディアリサイクルショップで、「滝川黄金町店」はフィギュア、トレカ、各種アニメ系なども取り扱っている。店内は狭い通路にびっしりと新品、中古品が並んでいる。

 閉店を前に8月3日(土)から18日(日)まで閉店セール第1弾を開催し、19日(月)から25日(日)までは第2弾を実施する。新品のキャラ雑貨などは30%OFF、中古品各種は50%OFFなどとなっている。

 エーツーが展開する北海道の店舗は「駿河屋札幌ノルベサ店」(札幌市中央区)、「ブックマーケット室蘭弥生店」(室蘭市)、「ブックマーケット函館美浜店」(函館市)の3店舗になる。



6人の方が「この記事が参考になった」と言っています。