ゲオホールディングス(本社・名古屋市中区)の展開する大型のリユースとレンタルの総合ショップ「スーパーセカンドストリート大谷地店」(札幌市厚別区大谷地東2丁目30号)が6日、オープンした。セカンドストリートとしては初の道内大型店。地下鉄東西線大谷地駅に直結した店舗で、ベスト電器大谷地店跡に居抜き出店した。(写真は、6日オープンしたスーパーセカンドストリート大谷地店)
IMG_1783 
 セカンドストリートは、生活必需品から家電製品、スポーツグッズ、楽器、服飾品、ブランド品などをリユース販売する店舗。スーパーセカンドストリートは、リユース販売品目を約10万点揃えている大型店で、「スーパーセカンドストリート大谷地店」は、11月中旬まで営業していた「12号厚別店」と「大谷地店」を移転統合し、 レンタルDVDとゲーム販売のゲオを併設している。店舗では、リユース品販売とともに買い取りも行っている。
 
 セカンドストリートは、フォー・ユー(高松市)が1996年にFCで全国展開を始めたリユース買い取り・販売のチェーン。2008年にゲオの連結子会社になり10年には社名をセカンドストリートに変更、ゲオの100%子会社になった。13年にはゲオが吸収合併している。
 道内では今回のスーパーセカンドストリート大谷地店を含め33店舗(服飾リユースに特化したジャンブルストアを含む)を展開している。


2人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。