セコマ(本社・札幌市中央区)は、7月6日(土)からセイコーマート店舗で初めて、北見市産、滝上町産のハッカを使用したチョコミントアイス2種の数量限定販売を開始した。(写真は、北見市産ハッカを使った「Secomaチョコミントソフト」)
(写真は、滝上町産ハッカを使った「Secomaチョコミントアイスバー」)

 ハッカ(薄荷)はミントの品種の一つで、日本で自生している和種を指し、スッとした清涼感のある香りが特徴。産地限定の天然ハッカは希少だが、北見市はかつて世界のハッカ生産の約7割を担っていたほどハッカ生産が盛んな地域だった。また、滝上町は現在、ハッカの生産量日本一の町。 
 
 なかなか口にすることができない貴重な産地限定のハッカだが、今回、北見ハッカ通商の協力を得て調達した北見市産のハッカを使った「Secomaチョコミントソフト」、JAオホーツクはまなすとホクレン農業協同組合連合会の協力を得て調達した滝上町産ハッカを使った「Secoma チョコミントアイスバー」をそれぞれ16万個限定、13万個限定で販売を始めた。
 
「Secomaチョコミントソフト」は、チョコアイスとミントアイスのミックスソフトでチョコとミントの一体感が楽しめる。本体価格は北海道で185円(税込み199円)、茨城県・埼玉県で210円(税込み226円)。「Secoma チョコミントアイスバー」は、口の中でチョコレートが広がり、後にミントの爽やかな香りと味わいが広がる。本体価格は120円 (税込み129円)。販売は、セイコーマート全店(北海道・茨城県・埼玉県)とハセガワストア、タイエー、ハマナスクラブ。
 
 また、8日から21日までミントを使用した商品を売り場でアピールする「ミントフェア」もセイコーマート全店で開催、爽やかな味わいのミントクリームが楽しめる「YOUR SWEETSチョコミントクリームシュー」(本体価格120円、税込み129円)も関東を除くセイコーマートで販売する。


1人の方が「この記事が参考になった」と言っています。