札幌市営地下鉄東豊線元町駅すぐの場所に「セブンーイレブン札幌元町駅前店」(札幌市東区北23条東15丁目4ー1)が6月28日(金)にオープンする。札幌市内では、今年に入ってから初のセブンーイレブン新規店舗になるもよう。(写真は、建設中の「セブンーイレブン札幌元町駅前店」)

「セブンーイレブン札幌元町駅前店」は、北24条宮の森通沿いに建設中で北洋銀行元町支店に西側に位置する。以前は、パチンコホールの大黒天元町店があった場所で、建設が計画されている明和地所(本社・東京都渋谷区)の分譲マンション「クリオ元町」(仮称)と隣接している。
 店舗の建築主は、アルファ都市設計(札幌市中央区)、設計は計画工房(同市東区)、施工はタイセイ(同市白石区)。

 地下鉄元町駅周辺には、コンビニエンスストアの「ローソン札幌元町駅前店」、「セイコーマート元町駅正栄ビル店」、「セイコーマート元町駅店」のほか、イオン北海道(本社・札幌市白石区)が展開する小型スーパーの「まいばすけっと北26条東16丁目店」などがある。コンビニ激戦の元町駅周辺でもセブンーイレブンは積極出店、コンビニ競争に挑む姿勢を崩さない。


17人の方が「この記事が参考になった」と言っています。