春の訪れを知らせるかのように、食品スーパー3社が相次いで店舗のリニューアルを実施する。マックスバリュ北海道(本社・札幌市中央区)は「恵庭店」、北雄ラッキー(同・同市手稲区)は「西岡店」、ラルズ(同・同市中央区)は「山鼻店」で、3社が同時期に店舗をリニューアルするのは珍しい。
(写真は、「マックスバリュ恵庭店」=2017年5月5日午後撮影)
(写真は、「北雄ラッキー西岡店」=2019年4月4日午後撮影)
(写真は、「ラルズマート山鼻店」=2019年4月5日午後撮影)

 マックスバリュ北海道は、恵庭市恵央町11ー1の「恵庭店」を4月11日(木)午前9時にリニューアルオープン。1997年に開店した初期のマックスバリュタイプの店舗で今回は10日間休業、店内レイアウトの変更や冷蔵、冷凍陳列ケースの入れ替え、トイレの改修も実施する。

 北雄ラッキーは、札幌市豊平区西岡3条11丁目3ー16の「西岡店」を4月13日(土)午前9時にリニューアルオープン。既に3月25日から外壁塗装工事を進めているが、8日から12日まで5日間休業して店内の改装を進める。リニューアルオープン後も引き続き外装塗装工事を続け、工事終了は4月20日を予定している。

 ラルズは、札幌市中央区南12条西11丁目2ー10の「ラルズマート山鼻店」を「スーパーアークス山鼻店」に切り替えて4月19日(金)午前9時にオープン。スーパーアークスの業態は、価格、健康志向、高齢者ニーズへの積極対応などが特長。現在、外壁塗装工事を実施中で、12日から18日まで7日間休業する。札幌市内のラルズマートからスーパーアークスへの切り替えは初めて。



15人の方が「この記事が参考になった」と言っています。