ドラッグストアのツルハ(本社・札幌市東区)は、2019年8月26日の新設予定で「ツルハドラッグ広尾店」(広尾郡広尾町並木通東2丁目2)をオープンさせる。同町にはこれまでツルハの店舗はなかった。(写真は、18年12月13日にオープンした「ツルハドラッグ岩見沢大和2条店」)

 道庁が9日に告示した大規模小売店舗立地法による店舗設置届出によってわかった。それによると、店舗の設置者は広振(広尾郡広尾町)で、ツルハが店舗を賃借して営業する。広振は、同町でホルスタインや和牛の育成など酪農業を行っている。

 店舗の設置場所は、国道336号線沿いで北海道広尾高校の近く。店舗面積は約373坪(約1231㎡)、駐車場の収容台数は46台。営業時間は最大で午前7時から午前0時。

 広尾町内には、大手ドラッグストアチェーンは出店しておらず、ツルハが初出店となる。広尾町の人口は6888人(18年12月末現在)。十勝管内南部の河西郡中札内村(人口3863人)や広尾郡大樹町(同5626人、いずれも18年12月末)にはツルハは出店しておらずサッポロドラッグストアー(本社・札幌市北区)の「サツドラ」店舗が各1店舗出店している。


9人の方が「この記事が参考になった」と言っています。