ドラッグストアのツルハ(本社・札幌市東区)が、3月から5月にかけて札幌市内で3ヵ月連続出店する。ドラッグストアの売り上げは堅調に伸びており、ツルハの怒涛の攻勢が続いている。(写真は、3月11日にオープンする「ツルハドラッグ北円山店」)

 3月11日(木)にオープンするのは、「ツルハドラッグ北円山店」(中央区北2条西28丁目1ー26)。アインホールディングス(HD、本社・札幌市白石区)の100%出資子会社、ホールセールスターズ(同・東京都渋谷区)が竣工させたメディカル・オフィス複合ビル「エストラーダ円山」の1階にテナント出店する。「エストラーダ円山」は、鉄骨造、3階建てで延べ床面積は約1185坪(3920・59㎡)。1階は「ツルハ」と調剤薬局の「アイン薬局」が入り、2階はクリニックモール、3階はオフィスが入る予定。

「ツルハドラッグ北円山店」は、アインHDとツルハがジョイントする珍しい形態。アインHDは、セブン&アイ・ホールディングス(本社・東京都千代田区)、ツルハの持ち株会社、ツルハホールディングス(同・札幌市東区)はイオン(同・千葉市美浜区)が大株主。競い合う流通2強の影響力が少なからずあるアインHDとツルハHDが、大家とテナントの関係でジョイントする。

(写真は、「ツルハドラッグ円山裏参道店」の出店場所)
 4月下旬にオープンするのは、「ツルハドラッグ円山裏参道店」(中央区南2条西24丁目1ー1)。南1条通(札幌円山裏参道)に面した「しんかわコーポ裏参道」1階で、今年2月14日に閉店した菓匠清閑院(本社・京都市下京区)「円山公園駅前店」の跡に居抜きで出店する。

(写真は、「ツルハドラッグ北24条中央店」の出店場所)
 5月上旬にオープンするのは、「ツルハドラッグ北24条中央店」(北区北24条西4丁目22ー328)。西5丁目・樽川通に面した「パワービルN24」の1階で、昨年3月30日に閉店した「パチンコジャンボ」跡への居抜き出店となる。ツルハは、同じ街区で「北24条店」(北24条西4丁目1ー20)を営業している。この店舗はパチンコ「グランド札幌北店」跡への居抜き出店だった。奇しくも「北24条中央店」もパチンコ店跡への出店となる。同一街区のため「北24条店」は閉店する可能性がある。


14人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。