セブンーイレブン・ジャパン(本社・東京都千代田区)は、8月31日(金)に「セブンーイレブン釧路鶴見橋店」をオープンさせる。今年に入って釧路市内では「釧路緑ケ岡店」に次ぐ2店舗目となる。20180825_122910(写真は、8月31日にオープンする「セブンーイレブン釧路鶴見橋店」)

 店舗は、新釧路川を渡る雄鉄線通の鶴見橋東橋畔でバス停「東川町」の前。住所は愛国西4丁目1番地。雄鉄線通は、かつて釧路市中心部と阿寒の雄別炭鉱を結んでいた雄別鉄道跡を利用した片側2車線の道道113号線。セブンーイレブンは、鶴見橋の西側にも「釧路昭和4丁目店」を展開しており、鶴見橋の東西で店舗を構えることになる。

「釧路鶴見橋店」の近くには、「ローソン釧路愛国西三丁目店」があるほか、「セブンーイレブン釧路豊川町店」もある。本サイト調べで釧路市内のセブンーイレブン店舗は今度の新店で44店舗になる。
※2018年8月27日記事一部修正。今年に入ってから釧路市内のセブンーイレブン店舗は、7月31日オープンの「釧路緑ケ岡店」に次ぐ2店舗でした。お詫びして訂正します。


11人の方が「この記事が参考になった」と言っています。