アークス(本社・札幌市中央区)の子会社ラルズ(同・同)は、余市郡余市町で運営している「スーパーチェーンシガ」3店舗を「ラルズマート」に転換、きょう12日(木)午前9時に3店同時オープンさせた。IMG_1003(写真は、「ラルズマート黒川店」に転換した旧「スーパーチェーンシガ余市本店」=2016年1月15日撮影)

 ラルズは、2016年2月、小樽市や余市町、札幌市で食品スーパー「スーパーチェーンシガ」、「余市スーパー」を13店舗展開していた丸しめ志賀商店(本社・余市町)の事業を承継した。

 17年に入ってからリニューアル時に合わせて屋号を「スーパーチェーンシガ」から「ラルズマート」や「スーパーアークス」に転換してきた。今回、「スーパーチェーンシガ」発祥の地である余市町の3店舗(西部店、余市本店、入舟店)を「ラルズマート」に転換、旧志賀商店の本拠地に残っていた名残りをラルズ色に変えることにした。
 
「余市本店」は、「黒川店」に名称変更し、売り場レイアウトも大幅に変えてイートインコーナーを設置。デリカコーナーも見直して惣菜を豊富に揃える。売り場面積は約233坪(約771㎡)、駐車台数は9台。「西部店」は、地元商品の品揃えを強化するほか水産、デリカの生鮮センターも同店に移設して水産、デリカコーナーの品揃えを豊富にする。売り場面積は約179坪(約592㎡)、駐車台数は25台。「入舟店」は、冷凍食品、アイスクリームの売り場を広げたほか青果売り場の陳列棚を変更、商品を選びやすくした。売り場面積は約145坪(480㎡)、駐車台数は18台。営業時間は3店とも午前9時から午後9時。休業日は元日と臨時休業日。

 今回の「ラルズマート」転換によって後志地区で長く親しまれてきた「スーパーチェーンシガ」の屋号は消えた。この屋号が残るのは、札幌市南区の「スーパーチェーンシガ真駒内」の1店舗のみになる。



11人の方が「この記事が参考になった」と言っています。