アークス(本社・札幌市中央区)グループのラルズ(同・同)が店舗で製造販売している『北釧〆鯖と北海道産明太子のおぼろ昆布巻』(税込429円)が、15日から千葉・幕張メッセで開催されている「デリカテッセン・トレードショー2017」(主催・実行委)の「お弁当・お惣菜大賞2017」寿司部門で最優秀賞を獲得した。_おぼろ昆布114811(写真は、『北釧〆鯖と北海道産明太子のおぼろ昆布巻』=アークス提供)

「デリカテッセン・トレードショー2017」は、一般社団法人新日本スーパーマーケット協会が15日から幕張メッセで開催している「第51回スーパーマーケット・トレードショー2017」と同時開催されている。
「お弁当・お惣菜大賞」は、全国のスーパーマーケットやコンビニエンスストアで販売されている弁当・惣菜の中から5万件以上がエントリーされ、食の専門家が審査員になって優れた商品を選出するもの。

 同賞寿司部門の最優秀賞に選ばれたのがラルズの『北釧〆鯖と北海道産明太子のおぼろ昆布巻』。この商品は、8~9月に水揚げされた脂がのった釧路産のブランド鯖『北釧鯖』を酸味のある酢やまろやかな酢、昆布エキスなどでブレンドした酢でしめ、まろやかな味わいにして粒子感がたっぷりの明太子と一緒におぼろ昆布で巻いたもの。鯖好きには堪らない一品と言えそう。

 ラルズでは、「道民の皆様に北海道産食材をもっと食べていただきたいという思いで作った商品」としている。現在、小型店を除く54店舗で販売しており、「ぜひこの機会にご賞味ください」(ラルズ)と話している。


3人の方が「この記事が参考になった」と言っています。