ホクレン農業協同組合連合会(本所・札幌市中央区)は、北海道産ナチュラルチーズ、いわゆる“北海道地チーズ”の魅力を発信するイベント「北海道地チーズ博2020」を13日(木)から16日(日)までの4日間、東京都渋谷区の「表参道ヒルズ本館地下3階スペースオー」で開催する。約320種類のチーズが集結する都内最大級のチーズイベントで来場者1万人を見込む。(写真は、「北海道地チーズ博2020」のイベントキービジュアル)

 目玉企画は昨年大人気だった「北海道地チーズセレクト5食べ比べ」。今年も500円(税込み)で実施、選べるチーズの種類が昨年の40社40種から45社45種に増え、「フレッシュ」「ハード・セミハード」「青カビ」「白カビ」「パスタフィラータ」の5タイプを揃えている。
 販売する北海道地チーズは、約320種類で北海道から来ている工房やメーカーの担当者と直接会話をしながら自分に合うチーズを見つけることができる。今年はバレンタインの時期に重なることから「バレンタインギフト」用チーズも複数用意する。また、北海道産ナチュラルチーズを贅沢に使用した「チーズソフトクリーム」が北海道地チーズ博に初登場する。

 会場内ではワインやビールも販売、北海道ワインは昨年よりも種類を増やして取り揃えており、北海道地チーズとのペアリングを楽しむことができる。
 会期中は、「北海道地チーズセレクト5食べ比べ」で来場者が気に入ったチーズに一つ投票し、投票の多かったチーズを選出する「北海道地チーズセレクション」を今年も実施、イベント最終日にグランプリから銅賞までを表彰する。


7人の方が「この記事が参考になった」と言っています。