4月20日、原宿で人気の『マンハッタンロールアイスクリーム』の店舗が札幌市中央区南2条西4丁目の「大通すわろうテラス」で3ヵ月間の期間限定で北海道に初上陸する。(写真は、「大通すわろうテラス」)

 札幌駅前通と狸小路商店街の交差点の西側歩道上にある「大通すわろうテラス」は、地元商店街振興組合などが出資しているエリアマネジメント会社、札幌大通まちづくり会社(札幌市中央区)が2013年8月に開設。同社が11年10月の都市再生特別措置法の改正で、同年11月に「都市再生整備推進法人」の指定を受けたことによって歩道上に食事・購買施設を設置できるようになった。

 これまでも様々な利活用がなされてきたが、4月20日からは『マンハッタンロールアイスクリーム』が7月7日まで期間限定で出店することになった。マイナス20℃のコールドプレートの上に液状のクリームを乗せ、チョコやフルーツを混ぜながら薄く伸ばし、コテで削って巻いたのがロールアイス。カップにロールアイスやフルーツ、クリームをトッピングしてソースをかけて提供する。価格は850円(税込み)から。

 見た目や味、食感が目新しく、東京都渋谷区の「原宿店」のほか、仙台市、横浜市、名古屋市、神戸市、広島市、福岡市、松山市、那覇市、沖縄県豊見城市の全国10店舗を展開。今回、期間限定ながら北海道初上陸となる。


6人の方が「この記事が参考になった」と言っています。