道内7信用組合は、信組統一のクレジットカード「しんくみピーターパンカード」に係る恒例の寄付金贈呈式を行った。「しんくみの日」に当たる9月3日、道内7信組を代表して十勝信組(本店・帯広市)が、上士幌町子ども発達支援センターに24万円を寄付した。(写真は、寄付金贈呈式。左から十勝信組・高橋克弘理事長、上士幌町・竹中貢町長=北海道信用組合協会提供)

「しんくみピーターパンカード」は、全国信用協同組合連合会(全信組連、本店・東京都中央区)がオリエントコーポレーション(本社・東京都千代田区)と提携して発行しているクレジットカード。1993年に、「ピーターパン」の著作権者で難病や障がいを持つ子ども達を支援している英国王立「グレート・オーモンド・ストリートこども病院」が、財団法人日本児童家庭文化協会の活動に共鳴、「ピーターパン」の著作権を許諾。同協会とオリエントコーポレーションの間で「ピーターパンカード」と呼ぶクレジットカードの発行契約が結ばれ、全信組連がこのカードを扱うことになったもの。

 このカードの所有者が利用すると、利用金額の0・5%を取り扱う信組が拠出。そのうち0・3%を各地域の信組選定の団体へ寄付、0・2%は英国ピーターパンカードこども基金財団へ寄付される仕組み。

 道内7信組では、2002年から年2回、一般社団法人北海道信用組合協会(札幌市中央区)、オリエントコーポレーションと3者協同で寄付金贈呈式を実施。今回は、上士幌町子ども発達支援センターに24万3100円を寄付した。同センターは、木製の室内遊具の購入資金に利用する。今回の寄付金贈呈によって、累計で寄付先が延べ39団体、寄付金は約935万円になった。



6人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。