北海道銀行(本店・札幌市中央区)は6日、七十七銀行(同・仙台市青葉区)、ふくおかフィナンシャルグループ(同・福岡市中央区)、沖縄銀行(同・那覇市)と共同開催しているICT(情報通信技術)を活用したサービス、アイデアを募集する「XーTech Innovation(クロステックイノベーション) 2018」の北海道地区最終選考会を開催、最優秀賞に笑農和(えのわ、富山県滑川市)が選ばれた。(写真は、スマート水田サービスで最優秀賞に選ばれた笑農和)
(写真は、最終選考会でプレゼン発表者10社の経営者ら=写真はいずれも道銀提供)

 会場となった札幌市中央区の札幌プリンスホテル国際館パミールでは、最終選考に選ばれた10社がプレゼンテーション。選考会では、Webサイトからの事前投票と当日来場者の投票、審査員による審査を総合的に勘案、各賞が決定された。
 
 最優秀賞には、笑農和の「スマート水田サービスpaditch(パディッチ)」が選ばれた。水稲農家向けの水位調整サービスで、スマートフォンやパソコン、タブレットから水位や水温が把握でき、遠隔で水門の開閉が可能なシステム。水管理に割いていた時間を省力化できる。

 優秀賞は、マイルシェア(札幌市中央区)の「シェアリングフライト」、forent(茨城県つくば市)の「土地のシェアリングエコノミーサービス『ExCAMP』」、特別賞には北海道大学発ベンチャー、ポーラスター・スペース(札幌市中央区)の「スペクトル・リモートセンシングへの挑戦」がそれぞれ選ばれた。


1人の方が「この記事が参考になった」と言っています。