和洋菓子、ケーキ、アイスクリーム製造販売のシャトレーゼ(本社・山梨県甲府市)は、3月9日(水)に「シャトレーゼ余市店」(余市郡余市町黒川町12丁目62-1)をオープンさせる。これによって、北海道の「シャトレーゼ」は31店舗になる。(写真は、札幌市中央区の「シャトレーゼ東光西線6条店」)

「シャトレーゼ余市店」は、「イオン余市店」1階に入る。出店場所は、2020年8月23日に閉店した和食「いちい」跡。「いちい」は、虻田郡倶知安町で「ホテル第一会館」を運営する第一会館(倶知安町)が運営していた店舗。今回、「いちい」の閉店から1年7ヵ月ぶりに後継テナントとして「シャトレーゼ」がオープンする。
 シャトレーゼは、バブル期に自己破産したホテル、プール、温浴施設の「札幌テルメ」(札幌市北区)を取得した2001年以降、北海道で店舗展開を積極化。現在は、旧「札幌テルメ」をリニューアルした「ガトーキングダムサッポロ」のほか、ゴルフ場4施設、和洋菓子、ケーキ、アイスクリームの「シャトレーゼ」30店舗、アッパーブランドの「YATSUDOKI」2店舗を展開している。

「シャトレーゼ」は、単独路面店のほか、ビルインショップや商業施設へのインショップとして出店している。商業施設では、「東光ストア」と「ホクレンショップ」内の店舗が多く、北海道の「イオン」店舗内への出店は、今回が初のケース。なお、後志管内では「朝里店」(小樽市新光2丁目1-5)に次いで2店舗目となる。


58人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。