乳用牛ホルスタイン約4000頭を飼養し、生乳出荷量3万7337tと北海道有数の規模を誇るノベルズデーリィーファーム(本社・上川郡清水町)は、きょう7月31日、帯広市内に直営のジェラート専門店「GELATERIA NEVE(ジェラテリア ネーヴェ)」を開業する。同社初の自社生乳を加工販売する酪農6次化店舗と位置付ける。(写真は、「GELATERIA NEVE」のジェラート各種)

「GELATERIA NEVE」は、帯広市西20条南5丁目12—9の中島通沿いに立地。以前は、室内ゴルフ練習場などの「LOB SHOT obihiro」があった場所。ジェラートの原料には、ノベルズデーリィーファームで搾った生乳をふんだんに使用する。搾りたての生乳は、牧場内の冷蔵タンクに保存した後、朝の時間帯に新鮮な状態で店舗に届けられ、店内のイタリア製パステライザー(原料殺菌機)で低温殺菌。その後、ジェラート製造機で各種原材料、フレーバーとともに時間をかけて製造する。

 こうして出来上がったジェラートは、生乳本来のコクと甘みが感じられ、後味もすっきりしている。商品は、ミルク、ティラミス、いちごミルクなど常時10種類以上のフレーバーを揃え、ミルクベースの様々な風味のジェラートが楽しめる。
 価格はシングル400円、ダブル450円、トリプル500円(いずれも税込み)。また、自家焙煎スペシャリティ珈琲専門店「SAKURA珈琲」(旭川市)の協力で、生乳やジェラートの味わいに最適な珈琲も用意している。店名の「NEVE」は、イタリア語で「雪」のこと。口に運んだ瞬間に雪のように優しく溶けていくジェラートの感覚を味わってもらうため店名に使った。

 ノベルズデーリィーファームは、2006年に設立された農業ベンチャー、ノベルズ(本社・河東郡上士幌町)のグループ会社で11年設立。ノベルズグループは、十勝を拠点に肉牛、酪農、食品事業を展開しており、現在は道内10ヵ所、山形県で1ヵ所の牧場を経営。グループ売上高は20年12月期で約264億円。


6人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。