札幌市中央区南9条西20丁目1ー30にあるコインランドリー複合施設「Baluko Laundry Place南円山」に併設したスペースに、焼きたて食パン専門店「パティシエが作ったパン屋さん」(以下、パティシエパン)が登場する。(写真は、「Baluko Laundry Place南円山」)

「パティシエパン」は、JIP(ジップ、本社・石川県金沢市)がライセンス本部になっている焼きたて食パン専門店。2020年5月に「久地パン」(神奈川県川崎市)、9月に「三池パン」(石川県金沢市)を開業、21年3月には「成田パン東町工房」(千葉県成田市)などを相次いで出店している。
 メニューは、「生食パン」と「焼きたて食パン」が定番で、焼き食パンの生地にチーズや小豆といった具材を練り込んだフレーバー食パンがある。

 JIPとマスターライセンス契約をしたクローバーホーム(本社・千葉県成田市)が札幌でイタリアンダイニングやイタリアン酒場、海鮮炉端、居酒屋などを展開するgcompany(同・札幌市北区)と組んで出店する。「Baluko Laundry Place南円山」は、東京を中心に関東エリアでランドリーサービスを通じて新しいライフスタイルを提案しているOKULAB(本社・東京都渋谷区)が2019年5月17日にオープンさせたランドリーとカフェ、トランクルームを備えた複合店舗。カフェは、カリフォルニアスタイルのベーカリーカフェとして話題の東京・恵比寿に本店を置く「CROSSROAD BAKERY&CAFE」で、北海道には初出店だったが、今年5月31日で営業を終了。「パティシエパン」はこのスペースを利用して出店するもよう。



24人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。