パチンコ・スロットの「イーグル」を展開する正栄プロジェクト(本社・札幌市中央区)は、5月30日(日)に「イーグルララパーク名寄店」(名寄市徳田359—8)の営業を終了する。同社は今年1月14日から「クラブイーグル南7条店」(札幌市中央区南7条西10丁目1025ー6)を長期休業しており、今年になってからの店舗閉鎖は事実上2店舗目となる。(写真は、「イーグルララパーク名寄店」のある名寄市徳田)

「イーグルララパーク名寄店」は、既存パチンコ店を引き継ぐ形で2001年に開店。パチンコ256台、スロット188台の店舗だったが、このほど20年間の営業終了を決めた。閉店の理由は、賃借期間の満了のため。

 名寄市内のパチンコ・スロット店は、マルハン(京都本社・京都市上京区、東京本社・東京都千代田区)の「マルハン名寄店」と、ダイナム(本社・東京都荒川区)の「ダイナム名寄店」、「イーグルララパーク名寄店」の3店舗があった。ダイナムは1999年に、「マルハン」は05年にそれぞれ出店。今回の「イーグルララパーク名寄店」閉店で、全国チェーンのパチンコ店のみになる。

 正栄プロジェクトは、20年5月に「イーグルアクアズ北斗店」(北斗市)と「イーグルルナシティ釧路店」(釧路郡)を閉店している。なお、旧「イーグルアクアズ北斗店」は、京王(函館市)が「パーラーKEIO北斗店」として承継している。


163人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。