札幌市の不動産賃貸業、めぐみ企画(札幌市豊平区)は、失職など様々な経済的事情によって家賃を滞納している賃貸住宅入居者を対象に、無料の債務整理サポートサービスを25日から開始する。(写真は、藻岩山から見た札幌の市街地)

 めぐみ企画は、創業3年の不動産賃貸業者で保証人不要、保証会社不要で家具家電付き住居の賃貸を行っている。入居者の多くは経済的余裕の有無ではなく、何らかの事情で通常の賃貸住宅では審査が通らない人たち。この3年間で同社の入居件数は約600件あったが、そのうち月に1~2件は家賃を滞納、夜逃げをしてしまうケースがあるという。家賃滞納や夜逃げは生活困窮から来るもので、突然の失職や持病の悪化、家族の介護のため就労継続が困難になるなど入居者によって理由は様々。

 こうした生活困窮者の多くは誰にも相談できず、債務整理という方法もわからず一人で悩んでいる場合が多い。めぐみ企画では、自社住宅の入居者、入居予定者を対象に夜逃げなどに至る前に債務整理をサポートして社会生活を継続していけるように支援することにした。

 具体的には、めぐみ企画のスタッフが「法テラス」など法的支援を行う機関を紹介、同行して入居者の社会生活の維持、継続に繋げていく。費用は無料。夜逃げを選択して住所不定になればその後の社会生活が困難になるため、そうした状態になる前に同社は手を差し伸べていく。
※2020年11月26日記事一部修正しました。


15人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。