今年3月末に閉店したパチンコ店「パチンコジャンボ」(札幌市北区北24条西4丁目2ー8)の仲通り側にあった駐車場「ジャンボ24パーキング」が、三井不動産リアルティ(本社・東京都千代田区)が運営する時間貸し駐車場「三井のリパーク」に切り替わる。「パチンコジャンボ」と一体で再開発の可能性もあったが、駐車場として利活用を図ることになったようだ。(写真は、「三井のリパーク」への転換工事が進む「ジャンボ24パーキング」跡地)

「パチンコジャンボ」は、有限会社ジャンボ(札幌市北区)が北5条・樽川通沿いで運営してきたが、今年3月末で閉店。裏側の仲通り側に隣接する「ジャンボ24パーキング」も今年7月末で閉鎖された。北24条周辺の歓楽街の中にあって比較的まとまった土地のため、雑居ビルが林立する歓楽街の再開発への期待もあったが、「ジャンボ24パーキング」から「三井のリパーク」への転換に落ち着いた。

 現在、運用開始に向けた整備が進められているが、掲げられた看板によると通常料金は0時~24時で60分200円、最大料金は入庫後12時間以内700円になっている。この駐車場の近くには、タイムズ24(本社・東京都品川区)の「タイムズ北24条第4」がある。こちらは8台収容で、通常料金は0時~24時60分330円、入庫後12時間以内990円となっている。



11人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。