創業92年の北海道の地場電気工事会社、三共電気工業(本社・札幌市北区)は、本社屋を建て替える。現在、旧社屋の解体工事に入っており、8月末から新社屋建設に入る。(写真は、解体工事中の旧本社屋)

 解体工事が進んでいるのは、札幌市北区北6条西6丁目2ー14、2ー15、2ー19。田中組(本社・札幌市中央区)が解体工事を行っており、工期は9月15日まで。解体後に新社屋(仮称6・6ビル)を建設する。敷地面積は約88坪(292・74㎡)、そのうち建築面積として約64坪(212・87㎡)を利用して鉄筋コンクリート造の地上9階建ての建物を建設する。延べ床面積は約546坪(1802・05㎡)、建物の高さは32・08m。

 建築主は、三共電気工業、設計、監理は仮称6・6ビル設計共同企業体(代表・ホクテイ建築設計事務所、札幌市中央区)、施工は田中組が行う。


6人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。