高級「生」食パンの専門店「乃が美」(総本店・大阪市天王寺区)のフランチャイズ(FC)店である「乃が美はなれ北見店」が5月20日(水)にオープンする。これによって「乃が美」の店舗は北海道8店舗に増える。(写真は、「乃が美はなれ札幌店」)

 乃が美の食パンは、カナダ産1等級の小麦粉を使い、生クリームやバターなど徹底して素材を吟味して製造。はちみつを配合しておりキャラメルのように甘い耳で生地の香りも良く、焼かずにそのまま食べても口の中で溶けるような感触がある。
 
 北海道へは、2017年9月に「乃が美はなれ札幌店」(札幌市中央区南2西27)で初進出、道内の高級食パンブームの火付け役となった。その後、18年6月に「旭川店」(旭川市宮下通9ー2ー17、TSURUHA BLDG.1階)、同年8月に「アスティ45販売店」(札幌市中央区北4条西5丁目ー1、アスティ45ビル1階)、18年11月に「函館店」(函館市本町6ー12、テイオービル1階)、19年8月に「帯広店」(帯広市西8条南39ー2ー22、サンフェリオ1階)、同年10月には旭川2店舗目となる「永山店」(永山11条4丁目119ー57、旭川永山パワーズ内)、20年5月には「七飯販売店」(亀田郡七飯町上藤城137ー1)を出店してきた。

 今回、5月20日にオープンする「北見店」は、北見市芳美町2丁目1ー1の夕陽ヶ丘通沿いに立地、14年10月で閉店した眼鏡の「弐萬圓堂夕陽ヶ丘店」跡に出店する。なお、「乃が美」は近く札幌市に2店舗目も出店予定。

 高級食パン専門店では、ブリス・デリ&マーケティング(本社・東京都新宿区)が「乃木坂な妻たち」(札幌市中央区北6条西15丁目3ー7)を19年1月にオープンさせているほか、銀座仁志川(同・同都中央区)がFC店として19年11月に「銀座に志かわ札幌琴似店」(札幌市西区琴似2条3丁目1)を出店、同年12月に「北見店」(北見市北2条西3丁目6、ナップスビル1階)と「苫小牧店」(苫小牧市拓勇東町4ー2ー6)をオープンさせている。また、ドロキア・オラシイタ(本社・大阪市浪速区)が手掛ける「嵜本」のFC店、「札幌南13条店」(札幌市中央区南13条西15丁目2ー3)も19年10月にオープンしている。


31人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。