ホテル運営の長谷川ホテル&リゾート(本社・東京都豊島区)が6日、JR旭川駅前に「ワイズホテル旭川駅前」をオープンさせる。同社は北海道初進出でインバウンドなど国内外の観光客の利用を見込む。20180515_144205(写真は、JR旭川駅前で6日開業する「ワイズホテル旭川駅前」)

「ワイズホテル」は、旭川が発祥の地であるツルハ(本社・札幌市東区)が駅前に建設した複合施設「ツルハビルディング」の3~12階を使って営業する。客室数は160室。ツルハは、6月14日に同ビルディング調剤薬局併設の「ツルハドラッグ旭川駅前店」を先行オープンさせている。
 長谷川ホテル&リゾートは、2016年9月設立で現在、那覇市や大阪市、尼崎市、横浜市などでホテルを運営しており、北海道初進出。

 また、ツルハビルディング1階には14日、高級「生」食パン専門店「乃が美」(総本店・大阪市天王寺区)がオープンする。乃が美の食パンは、カナダ産1等級の小麦粉を使い、生クリームやバターなど素材を吟味して製造。キャラメルのように甘い耳で生地の香りも良く、焼かずにそのまま食べると口の中で溶けるような感触が特徴。昨年、「札幌店」(中央区)をオープンさせ北海道に初上陸、旭川は2店舗目となる。


8人の方が「この記事が参考になった」と言っています。