函館市昭和3丁目31ー12にコミック&インターネットの複合カフェ「快活CLUB函館昭和店」とフィットネスジム「FiT24」の併設店舗が、6月11日(木)にオープンする予定だ。(写真は、「FiT24」を併設した「快活CLUB函館昭和店」が出店する建物)

 立地場所は、産業道路沿いで「ヴィクトリアステーション函館昭和店」、「山の猿函館昭和店」、「なか卯函館昭和店」が集積しているゾーン。今年2月24日に閉店した、アルティメイト(札幌市北区)が運営するアミューズメント施設「ギャラクシーゲート函館」の建物跡を利用する。

「快活CLUB」は、紳士服のAOKIを傘下に持つAOKIホールディングス(本社・横浜市都筑区)グループの快活フロンティア(同・同)が展開している。アジア屈指のリゾートアイランド、バリ島の高級ホテルをイメージした複合カフェで、コミック&インターネット、ゲーム、カラオケなどが楽しめ全国に約450店舗展開している。

 北海道には「快活CLUB」が札幌市10店舗のほか旭川市、北見市、釧路郡釧路町に各1店舗ある。今回の店舗は函館初出店となる。また、「FiT24」を併設している店舗は、「札幌西岡店」(豊平区)、「札幌環状通東店」(東区)、「札幌狸小路2丁目店」(中央区)の3店舗あるが、今回は4店舗目となり「FiT24」も函館初出店となる。

「快活CLUB」の鍵付き個室は、特許取得の空調換気システムを使用するなど密閉、密集、密接の3密対策を徹底して営業している(首都圏、関西、福岡の一部店舗は臨時休業)。また「FiT24」もサービスの一時休止や社会的距離の確保などを徹底しながら営業している(首都圏、関西、福岡の一部店舗は臨時休業)。



36人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。