沖縄で人気の格安ステーキ店「やっぱりステーキ」が札幌市中央区北8条西14丁目のイオン札幌桑園ショッピングセンター(SC)1階に4月25日オープンする。北海道のイオン店舗では3ヵ所に「いきなり!ステーキ」が入っているが、「やっぱりステーキ」の初出店で、道内のイオン店舗で「いきなり」と「やっぱり」の出店競争が始まるかもしれない。(写真は、イオン札幌桑園ショッピングセンター)

「やっぱりステーキ」は、ディーズプランニング(沖縄県那覇市)が2015年2月に那覇市で直営店をオープンさせたのが最初。米国産牛肉200g1000円のほかスープ、ご飯、サラダがお替り自由という安さと肉の旨さが評判になって人気を呼び、沖縄県の直営店は現在9店舗、本州には仙台市、名古屋市、福岡市に直営店を展開。

 フランチャイズ(FC)は17年から始まり大分市、福岡市、北九州市、飯塚市、岐阜県各務原市、鹿児島市、名古屋市にFC店があって北海道1号店の「すすきの店」は、18年11月9日にオープンしている。

「やっぱりステーキ」では、あっさりした食感と濃厚な味わいがあるミスジ肉を使い、手作業で下処理した後、溶岩石プレートに乗せてレアで提供している。時間の経過とともに肉が焼けていくのも楽しみ方の一つ。

 北海道のイオン店舗では、「イオンモール札幌発寒」(札幌市西区)、「イオンモール旭川西」(旭川市)、「イオン釧路店」(釧路郡釧路町)に、ペッパーフードサービス(本社・東京都墨田区)がFC展開する「いきなり!ステーキ」が出店している。イオン札幌桑園SCに、「やっぱりステーキ」がオープン」することで、「いきなり」と「やっぱり」のイオン内店舗での陣取り合戦が勃発する可能性が高い。


13人の方が「この記事が参考になった」と言っています。