沖縄の格安ステーキ店「やっぱりステーキ」の店舗が札幌・すすきのに10月上旬オープンする。北海道では地場の「BEEF IMPACT」と東京資本の「いきなり!ステーキ」が店舗網を広げており、「やっぱりステーキ」の参入でステーキ店の激戦地域になりそうだ。20180830_140537(写真は、「やっぱりステーキ」が出店するNPLACEビル)

「やっぱりステーキ」は、ディーズプランニング(沖縄県那覇市)が2015年2月に那覇市に1号店を出店。米国産牛肉200g1000円、スープ、ご飯、サラダがお替り自由という格安さと肉の旨さが受けて人気を呼び、沖縄県の直営店は5店舗に拡大している。
 
 17年からフランチャイズ(FC)展開も開始、現在は大分、福島、宮城に店舗進出して直営・FCの店舗数は20店舗を超える規模になっている。

 札幌・すすきの店は、南4西3にある12年12月竣工の9階建て「NPLACEビル」2階に出店予定。「やっぱりステーキ」の沖縄県外の店舗名は「あっぱれステーキ」で、すすきの店もこの店舗名になりそう。

 道内では、地場の大東エンタープライズ(札幌市中央区)の「BEEF IMPACT」とペッパーフードサービス(東京都墨田区)の「いきなり!ステーキ」が出店競争を繰り広げている。8月末段階の道内店舗は「BEEF」が11店舗、「いきなり」は9店舗。「やっぱり」はどこまで店舗を増やすか。


45人の方が「この記事が参考になった」と言っています。