パチンコホール経営のガイア(本社・東京都中央区)は、1月20日で「サイバーパチンコ南9条店」(札幌市中央区南9条西9丁目3番5)の営業を終了した。北海道のガイア店舗の閉店は、2018年11月18日で営業を終了した「東札幌店」に続くもの。(写真は、1月20日で閉店した「サイバーパチンコ南9条店」)

「サイバーパチンコ南9条店」は、東屯田通沿いにありパチンコ223台、スロット193台で運営していた。ガイアは、2004年8月に「ガイア狸小路店」(札幌市中央区)で北海道に初進出。その後、同店は「メガガイア狸小路店」にリニューアルするなどして店舗網を増やしていった。
 
 しかし、北海道1号店だった「メガガイア狸小路店」を18年5月13日に閉店、11月には「ガイア東札幌店」も閉店させた。今度の「サイバーパチンコ南9条店」の閉店によって、ガイアの道内店舗は「メガガイア函館港店」(函館市)、「ガイア苫小牧東店」(苫小牧市)、「ガイア北42条店」(札幌市東区)の3店舗になった。


12人の方が「この記事が参考になった」と言っています。