札幌市中央区北2西4の北海道ビル1階にほけんの窓口グループ(本社・東京都千代田区)が展開する「ほけんの窓口札幌駅前通店」が出店した。昨年10月に「ジュエリーかまたstory札幌店」が閉店、後継テナントが注目されていた。20180116_130608(写真は、北海道ビル1階にテナント入居したほけんの窓口札幌駅前通店)

 ほけんの窓口グループは、これまで北3西3のヒューリック札幌NORTH33ビル1階で「札幌駅前通支店」を展開していたが、同店が移転し店舗名も「札幌駅前通店」に変更した。ほけんの窓口は、札幌市内12店舗を含めて道内22店舗を展開している。

 北海道ビル(地下2階、地上9階)は、1962年12月に竣工した三菱地所が所有運営するビル。駅前通に面しており、今回、ほけんの窓口が入居したスペースは02年からベネトンが「メガストア札幌」(約179坪)として展開。ベネトンが12年に撤退した後は、フロアが分割されてジュエリーかまた(本社・弘前市)の「ジュエリーかまたstory札幌店」と「北星信用金庫札幌支店」が出店した。
 
 ほけんの窓口が出店したことにより、北海道ビル1階は、「三菱東京UFJ銀行ATMコーナー」、「シービーアールイー」(CBRE、外資系事業用不動産サービス)、「三菱地所リアルエステートサービス」、「SMBC信託銀行」、「北星信用金庫」と金融・保険・不動産系で占めることになる。


2人の方が「この記事が参考になった」と言っています。