J―REIT(不動産投資信託)銘柄のオリックス不動産投資法人(本社・東京都港区)は、札幌市中央区北3西1のオフィスビル「札幌ブリックキューブ」を52億円で取得、ポートフォリオに加えた。賃貸利回りは5・6%。IMG_4128(写真中央が、札幌ブリックキューブ)

「札幌ブリックキューブ」は、旧パナソニック札幌ビルとして知られる。土地面積2152㎡で地下1階、地上10階建て。延床面積は1万3873㎡。1981年5月に竣工、築年数は35年。
 現在のテナント数はコールセンターや広告、保険代理業など36で稼働率99・5%。オリックス投資法人は、底堅いテナント需要が見込める札幌中心部のビルであることとオリックスグループが得意とする小規模区画のテナントで構成された物件であることから取得を決めた。取得日は4月14日。取得費52億円のうち土地81%、建物19%の比率。
 
 オリックス投資法人が道内のオフィスビルを取得するのは初めてで商業施設としては北広島市の「インターヴィレッジ大曲」を2014年4月に51億円で取得している。


5人の方が「この記事が参考になった」と言っています。