小樽市稲穂1丁目28番1ほかの日銀通りにサンケイビル(本社・東京都千代田区)が、ライフスタイル型ホテルの建設を進めている。同社が、ゲストハウス型ホテルとして展開している「GRIDS」ブランドのプレミアムラインである「GRIDS PREMIUM」業態のホテル。(写真は、小樽市でサンケイビルが開発に着手したホテル建設)

 建設場所は、昨年まで「MSビル」と時間貸し駐車場だった場所で、「小樽サンモール一番街商店街」の近く。サンケイビルは、2021年2月から仮称「小樽ホテル計画」として開発に着手した。このホテルは、「THE TRAVELLERS HUB 旅をつなぐ。人をつなぐ。心をつなぐ。」をコンセプトに東京・上野、東京・浅草橋、京都、札幌で4施設を展開しているゲストハウス型ホテル「GRIDS」ブランドのアッパーブランド「GRIDS PREMIUM」業態のホテル。今年3月12日に「大阪なんば」(大阪市浪速区)が第1号店として開業しており、小樽は2号店となる。

 客室は1室2~4人で142室。ゲストハウス型だが、全室水廻り付きで、上層階には通常客室よりも大きな面積や天井高があるスイートルーム、ロフトルームを計画。また、最上階には小樽の海を望める露天風呂付き展望大浴場を予定している。

 敷地面積は約363坪(約1200㎡)で、建物は鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造の地上11階建て。延べ床面積は約1515坪(約5000㎡)。設計、監理はフィルド(札幌市中央区)、施工は西松建設(本社・東京都港区)札幌支店(札幌市北区)。外観・インテリアは小田急電鉄(本社・東京都渋谷区)の子会社UDS(同・同)。22年5月に竣工、同年7月に開業する予定。



22人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。