コープさっぽろ(本部・札幌市西区)は、1月11日から2023年度分の大学生育英奨学金の受付を開始した。コープさっぽろの店舗や宅配センターなどでアルバイト就労が可能な大学生で約500人を対象とする。この奨学金は返済がいらない。受付期間は2023年4月20日(木)まで。(写真は、コープさっぽろ本部)

 コープさっぽろは、家庭の経済的事情で進学を断念する子どもたちが1人でも多く進学できることを目的として、高等教育を希望する子どもたちの学資金支援の一助として2017年に「コープさっぽろ大学生育英奨学金」制度を2017年に創設した。2018年3月から2023年3月までの累計支援対象者は1200人を超え、支援総額も3億円を超える見込み。

 対象は、大学(短大、大学院含む)に就学または2023年春進学の人のほか、高等専門学校の4・5年生で就学している人。奨学金の額は、年額25万円で最長4年間で100万円とし、期間終了後(1年ごと)に一括納付する。

 応募資格は、日本国籍を有しており、世帯年収が1000万円を超えていないこと、コープさっぽろの店舗、宅配センター、工場などでアルバイト就労が可能であること、学生本人がコープさっぽろの組合員か組合員に加入することが可能であることなど。詳しい応募条件などは専用ホームページ参照https://www.sapporo.coop/corporate/content/?id=16


11人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。