街のど真ん中にでっかい「4」が現れた。札幌市中央区の駅前通と南1条通の交差点角、商業施設「4丁目プラザ」の解体現場。工事用フェンスにくっきりと示された「4」に、道行く人たちも最後のエールを送るように見上げている。(写真は、札幌三越玄関から見た「4丁目プラザ」の解体現場に現れた「4」)

 最新ファッションと若者文化の発信基地として、札幌の流行を牽引してきた「4丁目プラザ」が50年を超える営業を終えて閉館したのは、2022年1月31日だった。それから2ヵ月、建物は解体工事に入っている。札幌の中心部では現在、「ホテルオークラ札幌」や「旧NHK札幌放送会館」などが解体工事に入っており、それぞれの建物が積み重ねてきた歴史に終止符を打とうとしている。
 最近は、解体現場でもフェンスに感謝の言葉や歩んできた歴史の概略を紹介するケースも出てきて、道行く人たちに閉鎖、閉館の余韻を届けることも珍しくなくなった。しかし、今回の「4丁目プラザ」を示す「4」は、単純にして明快、しかも建物全体を覆っているフェンスのかなりの部分を使っているから、インパクトは大きい。

 この場所は、大通商業ゾーンの顔とも言える場所だけに、殺風景になりがちな解体現場を和ませるのに十分なフェンスアートだ。ちなみに、解体工事の注文者は読売新聞東京本社(東京都千代田区)、解体工事業者は鹿島建設(本社・東京都港区)北海道支店(札幌市中央区)。両社は、中心部の賑わいを半世紀にわたって担ってきた旧建物への感謝の思いを「4」に示したのだろう。単なる数字ではない奥深さが、市民の共感を呼んでいる。



66人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。