コープさっぽろ(本部・札幌市西区)の関連会社、エネコープ(本社・同市中央区)は、2022年1月1日(土)から「コープの灯油」を現行価格よりリットルあたり5円値下げする。(写真は、コープさっぽろ本部)

 生活にかかわる物価高騰や年末年始の気温低下による暖房費増に対応して、「コープの灯油」を利用している組合員を対象に値下げする。灯油市場は、2022年1月5日卸価格発表は値上げ予測となっているが、コープさっぽろグループの経営努力で5円値下げした価格で組合員に提供する。今後も原油動向や市場価格を注視して、組合員に適正価格で提供する努力を続ける。
◆価格改定前の地域別の定期配送灯油価格と2022年1月1日からの地域別定期配送価格(税込み)
▷札幌112円→107円▷苫小牧113円→108円▷旭川113円→108円▷帯広113円→108円▷函館114円→109円▷釧路113円→108円▷北見114円→109円▷稚内115円→110円▷根室115円→110円



13人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。