22日午前、ヨドバシカメラが取得したJR札幌駅前の旧札幌西武解体現場から出火し、週末の中心部は一時混乱した。(写真は火災現場となった旧札幌西武ロフト館。時計台通は北4条から5条まで通行止めになった。撮影午後0時50分)
 
出火場所は、ロフト館の解体現場の地下4階廃材置き場。地下3階の配管切断作業で発生した火花が廃材置き場に落ちて繊維強化プラスチック廃材などに引火したものと見られている。
 
 周辺道路は封鎖され、歩行者も通行できず、さっぽろ東急百貨店の地下を通るなどして駅方面に向かう買い物客らの姿が目立った。作業員3人が煙を吸ったが軽傷。


2人の方が「この記事が参考になった」と言っています。