サツドラホールディングス(HD、本社・札幌市東区)のグループ企業で教育事業を展開するシーラクンス(同・同市中央区)と学校法人慈慶学園北海道テクノロジー専門学校(恵庭市) は27日、IT人材の育成を目的にパートナーシップ提携を締結したと発表した。専門学校と民間のプログラミングスクールが提携してIT人材を育成し、共同で講師派遣やイベントを企画、展開するのは北海道で初めての取り組み。(写真は、提携締結式。左からシーラクンス・藤澤義博社長、北海道ハイテクノロジー専門学校・藤井伸之助事務次長、同校・佐藤俊学校長、サツドラHD・富山浩樹社長兼CEO)

 北海道ハイテクノロジー専門学校は、バイオテクノロジーを担う人材育成を目的に1987年に恵庭市で開校。慈慶学園が掲げる産学官協同教育のもと、その後も全国初の救急救命士学科や北海道初の視能訓練士学科、義肢装具士学科、さらにはeスポーツ学科やドローン専攻など時代の要請に応じていち早く専門学科を開設してきた。来春には宇宙・ロボット学科、AIスマートアグリ学科も開設する予定。

 今回の提携について、北海道ハイテクノロジー専門学校の佐藤俊学校長は、「先端分野にいち早く取り組んできた知見が生かせるほか、先端的なIT人材を北海道からつくっていきたいという本校の目的からシーラクンスと提携するのが最良と判断した」と話す。

 シーラクンスは、サツドラHD子会社として2年前に設立され、教育とテクノロジーを掛け合わせたデジタル社会に通用する人材の育成を目的に、幼児からシニアを対象にした「D-SCHOOL」などを道内で7教室展開している。同社の藤澤義博社長は、「プログラミング教育の小・中・高での必修化が進む中、最も不足しているのは教える人材。今回の提携によってハイテクロジー専門学校の学生がD-SCHOOLの講師になるなどIT人材を養成していくネットワークを構築したい」と話す。

 提携の一環として、来年4月に開校する北海道ハイテクノロジー専門学校の「新札幌校」と「恵庭校」で小中学生向けの英語、算数、プログラミングをICT教材で学ぶ「D-SCHOOL」を開講するほか、来年の春休みを利用して高校生を対象にしたプログラミングの短期集中講座も予定している。


5人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。