学校法人札幌学院大学(江別市)は、札幌市中央区大通西6丁目にある旧「札幌学院大学社会連携センタービル」跡地を時間貸し駐車場として活用する。大通周辺では相次いで時間貸し駐車場が閉鎖され、オフィスビルやホテルの建設が進められている。札幌中心部では時間貸し駐車場の供給不足が続いており、札学院は当面、時間貸し駐車場として運営、活用策も模索する。(写真は、札学院の社会連携センタービル跡地)

「札学院大社会連携センタービル」は、札幌圏の市民を対象にコミュニティカレッジや市民セミナー、英会話講座などが開催されていたが、2018年4月に札学院大の本拠地である江別市文京台に移転してから空きビルだった。元々は、1967年に旧第一火災海上保険札幌支社ビルとして竣工、99年にエム・ケイ・シー(東京都豊島区)、01年に赤坂パークビルヂング(東京都港区)、同年9月に札学院大が土地建物を取得した。

 昨年11月から解体工事が始まり、3月には更地になっていた。土地面積は100坪弱で8月に三井のリパーク「札幌大通西6駐車場」として運営を開始する。



10人の方が「この記事が参考になった」と言っています。