東急不動産(本社・東京都渋谷区)は、札幌市東区北14条東15丁目16-1で分譲マンションの建設を計画している。(写真は、東急不動産がマンション建設を計画している土地。左が環状通)

 建設場所は、環状通沿いで地下鉄東豊線環状通東駅からすぐの立地。建物の名称は、仮称「北14条東15丁目計画」。敷地面積約387坪(1279・28㎡)のうち建築面積として約128坪(424・22㎡)を使って、鉄筋コンクリート造の地上15階建ての建物を1棟建設する。戸数は56戸、延べ床面積は約1448坪(4781・23㎡)、建物の高さは44・59m。着工は、2022年2月1日頃を予定している。
 建築主は、東急不動産住宅事業ユニット首都圏住宅事業本部札幌支店(札幌市中央区)、設計、管理はアイ・エー・シー(同市白石区)、施工は未定。



14人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。