札幌市中央区南9条西11丁目1275ー7、1275ー20で店舗付き賃貸マンション「南9条西11丁目マンション」(仮称)の建設が計画されている。(写真は、仮称「南9条西11丁目マンション」の新築予定地)

 建設場所は、菊水旭山公園通沿いで1975年に建設された4階建て第3松井ビルの跡地。北海道エネルギー(札幌市中央区)の「ENEOSトップロード南9条」の西隣。敷地面積約169坪(560・38㎡)のうち約78坪(257・87㎡)を利用して鉄筋コンクリート造の地上9階建ての建物を建設する。
 賃貸マンションの戸数は32戸、延べ床面積は約605坪(1998・25㎡)、建物の高さは30・900m。着工は2019年8月初旬の予定。
 
 建築主は、スプラウト・インベストメント(東京都目黒区)。同社は、首都圏で活魚や鮮魚の卸売りのほか「イカセンター」や「魚ばか」などの外食店舗を展開している。設計、監理はオオサワ建設一級建築事務所(札幌市白石区)、施工はオオサワ建設(同)。


4人の方が「この記事が参考になった」と言っています。