マンション開発・分譲の明和地所(本社・東京都渋谷区)は、札幌市豊平区月寒東1条15丁目36―22で分譲マンション「仮称・クリオ福住」の新築工事を開始した。(写真は、「仮称・クリオ福住」の建設工事)

 建設場所は、地下鉄東豊線福住駅から徒歩で7分の距離。敷地面積約465坪(1537・07㎡)のうち約154坪(510・66㎡)を利用して鉄筋コンクリート造、地上11階建てマンショを建設する。戸数は43戸で2LDK~4LDK、延べ床面積は約1123坪(3708・99㎡)。建物の高さは32・96m。

 建築主は、明和地所札幌支店(札幌市中央区)、設計、監理は澁谷建築研究所(同)、施工は未定。2018年9月の着工予定だったが、11月に入って重機類による基礎工事が始まった。竣工時期は20年1月下旬。周辺は、マンションが多い地域で、福住駅近くでは15年3月以来の新規マンション建設となる。


4人の方が「この記事が参考になった」と言っています。