洋菓子店きのとや(本社・札幌市白石区)グループのCOC(本社・札幌市中央区)が展開する、冬季限定北海道スイーツ「SNOWS(スノー)」は、11月18 日(金)からオンラインショップ限定で、濃厚でコクのある放牧牛乳を使った放牧ミルクプリン「山男」を販売する。

 SNOWSはきのとやから誕生した冬季限定のお菓子で、原材料に徹底的にこだわり、北海道ならではの質の良い原材料を生かした商品作りをしている。

 ラングドシャクッキーのカリカリ感と、放牧牛乳の美味しさを最大限に生かした生チョコレートのなめらかさの両方を実現した“スノーサンド”、生クリームを生チョコレートで包んだ生トリュフチョコレート“スノーボール”など北海道発の特別なスイーツをラインナップ。

 昨シーズン(2021年11月~2022年3月末)、スノーサンドは、累計で約250万枚を販売し、新千歳空港内のお土産ショップ内「商品別月間売上ランキング」で1位を獲得するなど、北海道の新定番スイーツとして成長している。

 SNOWSのお菓子に欠かせない原材料の牛乳は、沙流郡日高町にある直営の牧場で伸び伸びと育った牛から搾った牛乳を使用。特に、脂肪分が高く、濃厚で風味豊かな冬の牛乳をふんだんに使ったお菓子を味わってほしいという想いから、今回の新商品販売に至った。

 放牧ミルクプリン「山男」は、放牧酪農で搾った牛乳と卵をふんだんに使用した、スプーンで掬うだけでとろっと、なめらかな口どけのプリン。最初は、カラメルソースをかけずに、放牧牛乳そのものをしっかりと味わうのがおすすめ。

 SNOWSは、パッケージにもこだわっており、デザインには雪と山を想起させ、懐かしさを感じさせる“山の版画家”大谷一良氏の作品を使用。数少ない人物モチーフの作品「山男」に温かみを感じ、今回プリンのパッケージデザインに採用した。

 価格は1箱4個入り2376 円(税込み)、公式サイトはhttps://snows-winter.com


14人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。