北雄ラッキー(本社・札幌市手稲区)は、空知郡南幌町にスーパーマーケットを出店する。南幌町から町有地を賃借、自前で店舗を建設して2024年9月のオープンを計画している。(写真は、北雄ラッキーの進出予定の町有地)

 出店場所は、南幌町中央2丁目で「ツルハドラッグ南幌店」、「DCMニコット南幌店」の隣接地。近くには南幌町ふるさと物産館「ビューロー」や町スポーツセンターがある。また、今年5月にオープンした町の子ども遊戯施設「はれっぱ」も近い。北雄ラッキーは、このほど町有地約1360坪(約4500㎡)について20年間の定期借地権の申し込みを行った。

 北雄ラッキーは、近隣自治体の夕張郡栗山町に「ラッキー栗山店」、同郡長沼町に「ラッキー長沼店」、岩見沢市幌向に小型店「ラッキーマート幌向店」を展開しており、この地域の消費傾向を把握しているほか、物流も比較的容易に構築できるため、出店を見据えて南幌町と調整してきた。このほど町有地の賃借が可能となったことから、出店を決めた。店舗規模は、約300坪程度の小型スーパーマーケットになりそう。

 南幌町は、子育て世代の移住を促す環境整備や札幌市近郊のまちとして、知名度向上を図る施策を打ったことが奏功、2022年5月から前年対比で人口増加に転じている。総務省が2023年7月に公表した住民基本台帳に基ずく1月1日時点での人口動態調査では、日本人の人口増加数は153人で道内市町村では最高、全国の町村でも2・09%と最高の増加率になった。2023年9月1日現在の人口は外国人を含めて7719人。
 
 北雄ラッキーの新規出店は、2017年10月に旧Aコープ跡に出店した「シティマートなかゆうべつ店」(紋別郡湧別町)以来。居抜きや建て替えではない純粋な新規出店は、2015年7月の「シティマートくんねっぷ」(常呂郡訓子府町)以来となる。



69人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。