札幌駅前通のファッションビル「PIVOT(ピヴォ)」の閉館セールが、始まっている。第1弾は4月28日(金)までで、以降閉店日の5月16日(火)まで第2弾セールが切れ目なく続く。(写真は、閉館セールが始まっている「ピヴォ」)

「PIVOT」は、中心街ビル(札幌市中央区)が1969年に建設したビルで、「中心街デパート」の名前で開業した。1973年には旧ダイエーの北海道1号店が入り、ダイエーの道内展開の出発店舗になった。1993年にダイエーが撤退、その後、ファッションビル「ピヴォ」に一新して今年は27年目。

 土地建物所有者は、2019年11月に大阪の老舗オフィス・商業施設賃貸業のダイビル(本社・大阪市北区)に変わり、隣接する「ペンタグラムビル」、「桂和MTビル」も取得。一体的な建て替えを行うため、「ピヴォ」を今年5月16日に閉館、その他のビルも10月には閉館することを決めていた。

「ピヴォ」には、「ユニクロ」や「ジーユー」、「札幌スポーツ館」、「ダイソー」など約50のテナントが入っている。テナントで最も古いのは、地下1階にあるワコールの専門店「リセミネット」で、開業の頃からテナントとして営業を続けている。第1弾閉館セールは、3月17日から始まったが、最大70%OFFなどOFFを中心に一部店舗では、各ブランドのノベルティフェアも行っている。
 ピヴォでは、「27年間の感謝を込めた閉館セールですので、ぜひ足を運んでいただきたいですね」と話している。



44人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。