札幌市白石区北郷2条7丁目にあるマックスバリュ北郷店やサツドラ北郷店、札幌弘栄堂書店北郷店、ゲオ札幌北郷店の全商業施設が、8月末に閉店する。一体的な建て替えになる可能性が高まっている。(写真は、サツドラ北郷店と札幌弘栄堂書店北郷店・ゲオ札幌北郷店=奥の2階建て建物)

 イオン北海道(本社・札幌市白石区)は、マックスバリュ北郷店を建て替えるため、8月31日(水)で営業を終了することをすでに発表している。同店は、住友石炭鉱業が1994年5月に、JOY白石店としてオープンさせた店舗。住友石炭鉱業はその後、食品スーパー事業をジョイとして独立させたが、ジョイは2008年4月にマックスバリュ北海道と合併、2013年7月に店舗名がマックスバリュ北郷店に切り替わった。2020年3月には、イオン北海道がマックスバリュ北海道を吸収合併している。今年でオープン28年目。

 隣接する北側の建物は、平屋建て一部2階建てで、1階南側部分にサツドラ北郷店、1階北側部分に札幌弘栄堂書店北郷店、2階部分にゲオ札幌北郷店が入っている。サツドラ北郷店と札幌弘栄堂書店北郷店は、8月31日で営業を終了することを店頭で告知、ゲオ札幌北郷店は8月28日(日)で営業を終了する店頭及び同社ホームページの店舗情報で告知している。商業施設全体の敷地とマックスバリュ店舗は、2017年5月にマックスバリュ北海道が取得している。現所有者のイオン北海道は、マックスバリュ店舗の建て替え規模やスケジュールについては未定としているが、施設内の全店が閉店することから一体的な建て替えになる可能性が高い。



56人の方がこの記事に「いいんでない!」と言っています。